2018年5月20日日曜日

ついにロボットが本格的に人間と共生する時代が近づいてきた。Boston Dynamicsが2019年にSpotMiniロボットを販売開始する。


ボストン・ダイナミクスの4足歩行ロボットは、来年に発売予定のSpotMiniロボットはバイラルビデオに登場するインターネットスターになった。ついにロボットが本格的に人間と共生する時代が近づいてきた。米ボストン・ダイナミクス社(Boston Dynamics)は、半自律型SpotMiniが2019年中頃に生産に入ると発表した。
ロボットは、今年初めにビデオを見て、オフィスをナビゲートしたり、階段を登ったり、ドアを開けたり、ホッケースティックで武装した人間と戦ったり出来る。一歩実用化に近づいたようだ。SpotMiniはオフィス環境に適している。「SpotMiniロボットは、オフィスに入ることができ、ビジネスアプリケーションや家庭にアクセスしやすい場所を考えることによって動機づけられたものだ。」















Boston Dynamicsは現在、SpotMini用のアプリを開発しており、監視や建設に使用することができる。同社はまた、第三者に独自のアプリケーションを開発するよう呼びかけている。

以前のSpotモデルのより小さなバージョンである30kgのロボットは、オプションのアームアタッチメントで最大14kgの荷物を持ち上げて運ぶことができる。SpotMiniはコントローラーで操作することも、カメラやセンサーの組み合わせでマッピングした環境を自律的に動かすこともできる。
https://www.dezeen.com/


2018年5月13日日曜日

Hope Gangloffによる友人や家族の色彩豊かな肖像画















アーティストHope Gangloffは、明るく色の付いた大きな肖像画(80インチから100インチ)で、彼女の友人や家族の姿を捉えている。 Gangloffのアクリルとコラージュの絵は、見る者にリラクゼーションをもたらす静かな姿勢のポーズで、彼女の主題を親密な空間に見せる。
































アーティストの強く描画するラインは、反復する明るいパターンで満たされ定義された形を作り出す。フラッフィールドパターニングはエドワールヴュイヤールに影響を受けているようだ。












GangloffはCooper Unionで学び、ニューヨークのSusan Inglett Galleryに代わっています。 2017年には、スタンフォード大学のDiekman Contemporary Commissions Programのために選ばれた創業者であり、GangloffがCantor Arts Centerアトリウムで公に描かれたソロ・ショーと1週間のアーティストレジデンシーが含まれていた。
































彼女のウェブサイトとInstagramには、アーティストの肖像画、静物画、インク画、政治ポスターなどの詳細が表示されている。





































https://hope-gangloff.com/
http://www.thisiscolossal.com/

2018年5月5日土曜日

森林を守るために割り箸を使わないでおこうと考えながらエコロジカルに見える木材を使うアートが多い。




真にエコロジカルであると言うことは簡単ではない。森林を守るために割り箸を使わないでおこうと考えながらエコロジカルに見える木材を使うアートが多い。このIK LABの試みの思想はともあれ、視覚的には面白い空間だ。しかしこれだけ完成したスペースに、どんなアート作品が似合うのか?は難しいところだ。















IK LABはグッゲンハイムの子孫でトゥルム在住のサンティアゴ・ラングニー・グッゲンハイムとジョルジュ・エドゥアルド・ネイラ・セルケルがデザインしたメキシコのトゥルムにある新しいアートギャラリーコンセプトだ。野外展示スペースはNeira Sterkelの高級エコリゾートAzulikにあり、伝統的なホワイトキューブのギャラリーに関連するすべてのデザイン要素は避けている。
















静的な壁の代わりに、IK LABは、頭上の経路と葉の形の表彰台に融合する波状のセメント表面を含んでいる。この地域に生息するブドウのような植物であるベジュコは、セメントの波に覆われていない地域を埋めるもので、ギャラリーのスラットの壁と天井に点在する円形の開口部を形成している。
































ゲストは裸足でこの空間を歩き回り、建築環境のテクスチャを触感することができる。ギャラリーのセメント壁はほとんどの外部音をミュートする。IK Labは4月20日、Artur Lescher、Margo Trushina、TatianaTrouvéの作品で構成された最初の展覧会「Alignments」を開いた。
http://www.thisiscolossal.com/

2018年5月3日木曜日

滴滴出行(ディディ)はタクシー、私用車及び指定のドライバーをスマートフォンを通じて雇用できるアプリ。いわば「合法的白タク」だ。



滴滴出行(ディディ)はタクシー、私用車及び指定のドライバーをスマートフォンを通じて雇用できるアプリだ。ディディ・タクシー: 380の中国都市で168万人のドライバーが営業している。日本ではウーバーが認可されていないので、あまり馴染みがないが、2009年に米サンフランシスコで始まった、いわば「合法的白タク」だ。
















アメリカのような広大な国では、タクシーを待っても一向に来ないし、タクシー会社に電話しても、遠くて来てくれないというケースがある。そこで、スマホからウーバーのサイトに入って目的地を入力すると、近くに車がある一般人の「運転手」が連絡をくれる。そこで「OK」ボタンを押すと、たちまち駆けつけて、目的地まで運んでくれるというわけだ。料金は距離と時間に応じた金額で、タクシーよりも安く、しかもカード決済なので、利用者も安心である。滴滴出行(ディディ)もさほどうーバーと変わらない。



















ディディは機械学習を含むAI技術に焦点を置く「ディディ・リサーチ・インスティチュート」を設立した。派遣システムとルート計画を最適化するために数百人の科学者が研究所でディープラーニング技術に取り組んでいる。2017年3月、ディディはカリフォルニア州マウンテンビューに「ディディラボ」を設立した。

ディディラボは主にAIベースの安全でインテリジェントな運転技術に注力している。毎日、ディディのプラットフォームは70TB以上のデータを生成しており、90億以上のルート要求の処理と130億以上のロケーションポイントを生成している。















現在ディディは、車上のセンサーからの匿名化されたデータ、道路やストリートからの静的情報及びリアルタイムの出来事をディディの乗車と降車のデータ、旅行、運搬容量と統合したクラウドプラットフォームを構築している。

このプラットフォームにより、運搬の需要と供給のバランスを効率的にとることができ、渋滞を大幅に緩和できる。滴滴出行は2015年だけで乗車回数14億回を達成し、2016年には1日平均で2000万回以上となり2009年の創業から6年かけて10億回を達成したUberを大幅に上回るなど世界で最も支配的なライドシェア企業となった。

2018年5月2日水曜日

シュールやへたうまというありふれた言葉で説明がつかない魅力を持つイラストレーターKeigoの初めての書籍「ケイゴ式」がつい先日発売された。

























先日、出版社から私に新刊本の帯文を書いて欲しいと連絡があった。なぜ私なのか?と聞いてみると数回投稿したKeigoさんに私のブログを通して関心を持ち本になったそうだ。つまり意図せず出版社と作家の橋渡しをしたことになった。このあたりはSNS社会の面白いところだ。ちなみにKeigoさんとも出版社とも、まだお目にかかっていない。
























脱力系、ユルい、なんだか癒される等々、彼のインスタには毎回多くのコメントが寄せられる。ヒトや動物のコミカルな一面、あり得ない設定なのになぜか笑える。身近に絶対にいないキャラクターたちなのになぜか親近感が湧く。Keigoの描くイラストには不思議な力がある。
























顔を知らないにも関わらず、すでに15万人近いフォロワーを獲得。サムスンの「ギャラクシー」シリーズのキャンペーンに起用され、中国の出版社からオファーが届く。その人気はうなぎのぼりである。本書はそんなKeigoの初めての書籍である。これまでに発表された作品の中から、特に人気のあったシリーズやキャラクターを中心にして、
彼のイラストの魅力がぎっしり詰まったお得な一冊。(アマゾンの書評)






















keigoさんの絵を風刺画、ヘタウマ、シュールなど色々ステレオタイプな表現で説明されているが、どれも該当しない、それらを突き抜けたもっとユニークな精神世界がある。力が抜けた絵も素敵でシュールなイラストレーターKeigoワールド。あまりにも面白いので三回も私のブログに投稿したが、共感する方が多いのだろうか?とても人気がありアクセス数がダントツに増える。























一見『やる気の無さ』全開と見える作品だが、実は綿密にオチが仕込まれている。keigoさんの考えていること感じていることの一面が読み取れる面白い一枚の絵だが、四コマ漫画と同じような起承転結の文脈が読み取れる。



























その思わぬ展開に、思わず突っ込まずにはいられない。シュールやへたうまというありふれた言葉で説明がつかない。『鬱でシュールな つげ義春』よりは軽妙で独特の魅力的な世界観がある。私の大好きなKeigoワールドを読者の皆さんも味わってみて下さい.

―――坂井直樹(WATER DESIGN代表)

著者について

デザイン科卒。 描くことが好きな、ごく普通の会社員です。
https://instagrammernews.com/detail/1761319720949985259


2018年4月24日火曜日

ネットでの買い物とリアルでの買い物の境目がなくなり、ネット上での買い物をわざわざ「EC」と区別する必要がなくなるフーマー(盒馬)。

















フーマー(盒馬)というアリババ系のスーパーマーケットは、「オンラインスーパー(EC)の倉庫とスーパーマーケットの店舗を共有する」というコンセプトで、倉庫の出荷係である水色のトレーナーを着た若者たちが、買物客に混じって店内で出荷作業を行っている。近距離であれば注文した商品を30分以内に届けてくれるという、とても便利なサービス。




























ブルーのトレーナーを来ているのは出荷係の方たち。注文を受けた商品を絶えず店内で集めている。店内の一角にはベルトコンベアが配置され、注文を受けた商品を配達係に連携している。ネット通販首位の阿里巴巴は、多くのオフライン小売業に出資している。ここでは独力で開発した生鮮スーパー「盒馬鮮生」を取り上げる。




























盒馬鮮生金橋店は、上海浦東の住宅地に立地している。金橋国際商業広場というSCの地下1階だ。一見すると普通のの食品スーパーと変わらない。一般客が普通に買物をしている。
















しかしそれよりも断然多いのは、ブルーのユニフォームに身を包み、動き回る店員たちだ。彼らはオンラインで入るオーダーを端末で確認すると、専用の買い物袋をスキャン、これで発注主が確定する。店員たちはオーダー明細にそって商品を揃える。完了すると袋はハンガーシステムに載って1階の配送所へ運ばれる。3キロ以内の配送範囲に最短30分で配達する。















発注は「盒馬」というアプリをダウンロードして行う。支払いは阿里巴巴のモバイル決済「支付宝」を利用する。スマホ1台ですべてが完結するのだ。一見客も支付宝さえあれば清算できる。この店に現金は一切存在しない。イーコマースとリアルストアの際はなく溶け合っている。




















2018年4月23日月曜日

信用スコア「芝麻信用」(セサミ・クレジット)は、未来型の管理システム、あなたのスコアは?

芝麻信用(セサミ・クレジット)は中国アリババグループの関連企業アント・フィナンシャルサービスグループが開発した個人信用評価システム。スコアを集計するためにアリババのサービスからのデータを利用する。


顧客はソーシャルメディアでの言動やアリババグループのウェブサイトでの購入または関連企業のアント・フィナンシャルのアリペイのモバイルウォレットを使った支払いに基づく様々な要素に基づきスコアを受け取る。

高スコアを得ることへの報酬として、アント・フィナンシャルからローンを受けやすくなったりアリババグループ内の電子商取引サイトにおいてより信頼できるプロフィールをもつことができたりする。(wikipediaより)





































芝麻信用という、ビッグデータから各人の信用度を数字で算出するサービスがある。芝麻信用は阿里巴巴(Alibaba)系のエスクローサービスで電子マネーの「支付宝(Alipay)」サービスの1つである。阿里巴巴のサービスの使い方次第でスコアはあがり、下は350点から上は950点までの間で、その人を評価する。(wikipediaより)

点数があがると以下のようなインセンティブがある。

• 阿里巴巴系の旅行予約サイトでホテルを予約すると、ホテルでのデポジットが不要となる(600点)
• 賃貸サイト「小猪短租」で敷金が不要となる(600点)
• 提携するソーシャルファイナンス(P2Pファイナンス)や消費者金融で審査がすぐに通る。一部サイトでは利率が下がり、返済期限が延ばせる(600点)
• 全国展開のレンタカーサービス「神州租車」でデポジットが不要となる(650点)
• 上海図書館でのデポジットが不要となる(650点)
• シンガポールビザがとりやすくなる(700点)
• 北京空港の専用出国レーンが通れる(750点)
• ルクセンブルクビザがとりやすくなる(750点)





































芝麻信用のアプリをみると、「身分の公開」「人との繋がり」「返済能力」「信用の歴史」「行動」の5つの要素からはじき出していることはわかる。どうやら「多くのプロフィールを嘘偽りなく登録する」「人間関係が豊富にある」「滞り無く支払いを行っている」「頻繁にネットショッピングをしている」ことが重要なようだ。人間関係を重視するのは中国らしい。

2018年4月22日日曜日

消えた通貨、消えたATM、中国でデジタライゼーションが起こす個人情報のオープン化が加速!

このところ私の顧問就任が続いた。それらの企業の大半はUXユーザーエクペリエンス関連の企業だ。その中の一社beBitのChina business Tripのために、この土日を使って上海のAlipay WeChatpayの実証実験に行ってきた。
















メディアや友人を通して聞いていたものの、この数年間に起きた中国のデジタル化の波は、私にとっても強烈なインパクトだった。日常生活で通貨を使うことはなく、早急にATMも無くなるだろう。中国は米国や日本とは、全く違う独自のデジタル化の道を進めている。

その一つはキャッシュレスによる個人情報のオープン化だ。キャッシュレス社会というのは、すべてのユーザ(国民)のあらゆる行動はデジタル通貨の使用のたびに記録される。日本にも起きうる「デジタルが起こす社会変革だ。」同時に監視社会の完成だ。












デジタルオーバーラッピングにより、O2OからOMO(Online Merges Offline)の世界に。体験向上→ビッグデータ取得→接点への還元のループが回るエクスペリエンス競争社会に社会インフラや行動規範が生まれ、貢献型顧客志向社会が創造される。

Online Merges Offlineつまり全ての顧客のタッチポイントをOnlineの考え方で再構成する。
•UXを重要視した設計•“高頻度”に接点を確保するシナリオ設計•ビッグデータの収集/活用
•プロダクト・サービスの継続改善 など。(bebit資料より)

 残念ながら、今や中国は日本より進んだデジタル先進国になった。日本でも到来しうるデジタライゼーションの未来の可能性を見ながら、デジタル時代のビジネスのあり方を見てきた。








世界で経済レベルで一番デジタル化が進んだのが中国上海だ。都市部では全員が使っていると言って良いほどに普及しきったモバイル決済。APPのQRコードで支払えるキャッシュレス社会が成立している。DocomoとAlibabaが日本でのQRコードペイメント進出をアナウンスした。日本でも近くキャッシュレス社会が到来する可能性がある。

ペイパルに近いサードパーティのオンライン決済システム。銀行口座から各モバイルペイメント機能にお金を補充し、そこからお金を引き落とす仕組み(エスクロー)。Apple PayやLINE Payと大きく変わらない為、仕組み上の特異性は大きくないが、生活インフラへの展開やオフライン店舗への普及により、露天商でさえ誰もが使うサービスになった。
http://www.bebit.co.jp/






2018年4月1日日曜日

電通報でも紹介されていた 超難解折り紙「キンチョール」新聞広告がいけている。 

超難解折り紙で“何”ができるか?大日本除虫菊は、2017年5月22日の読売、産経、西日本、中日の各紙と同30日の日本経済新聞に、 殺虫スプレー「キンチョール」の新聞広告を掲載した。紙面はほぼマットな濃いグレイな黒地。「超難解折り紙。」のコピーと、かなり美しい幾何学的な折線で構成されている。

折り方を解説した動画はなんと50分を超える。参加型広告の模範になるだろう。苦労の末に完成するのは、作業の経過で真っ黒になった手と折り紙の「ゴキブリ」だ!!「やってみたら、これができた!」と達成感で誰かに言いたくなるようなコミュニケーションを思い描いたとのこと。















週末の掲載のため予想以上の人がチャレンジしたようだ。ツイッターやインスタグラムには「貴重な休日に、1時間かけてゴキブリを折ってしまった(笑)」「やってくれましたね、金鳥さん」など微笑ましいなコメントが上がり、多くのSNSにも投稿され自慢なのか?自虐なのか?わからないトーンのコメントが話題となっている。

出来たゴキブリは異様に完成度が高く、特にひっくり返した裏側の見た目がちょっと怖いできばえだ。


2018年3月24日土曜日

CHANELは、たった30分程のショーのために、会場内に”秋の深い森”を作った。


 グランパレはフランスのパリ8区にある大規模な展覧会場。1900年のパリ万国博覧会のために建てられた。そのグランパレに“深い森”が出現した。ここ最近のカール・ラガーフェルドは大きな滝や田園と、自然の魅力に取り憑かれているようだ。
































グランパレに一歩踏み込むと、落ち葉がまるでカーペットのように一面に敷かれ、葉が落ちた寒々しい木々たちが立っている。まるで深い森の中にいるようなシャネル(CHANEL)の会場。


















たった30分程度のショーのために、会場内に秋の森を作ってしまった。膨大な予算が会場のために使われた。ブランディングと言う言葉が最近目立つが、パリコレクションはその歴史の中で巨大なブランド価値向上のためにクリエイティブな投資を行ってきた。



























http://www.chanel.com/
以下は2017~2018の滝をテーマにした画像。








2018年3月19日月曜日

マーク・コスタビを彷彿させるフォルムの抽象的な3Dシェイプ

 ワルシャワに拠点を置くAnna Caban-Szypenbeilは3Dデザイナーだ。 彼女は作品に絵画や手作りの絵を素材として使用する。 最近、彼女はプロジェクト "ブルーム"を発表した。 この作品は、平面のマーブルプリントをデータに使ってデザインされた抽象的な3Dシェイプを作り出した。 セゾンカードのCMに使われていたマーク・コスタビを彷彿させるフォルムだ。

























http://www.fubiz.net/