2017年10月15日日曜日

ルノーと英国芸術大学の名門、セントラル・セント・マーチンは、将来のコンセプトの自律型自動車を提示した。














思ったよりも早くEV社会が実現しそうな気配だ。それと同時に自動運転もかなり早い時期に実現しそうだ。ただし旧来型の自動車と混在して走る「未来の車」が生み出すカオスも考えなければいけない。フランスの自動車メーカーが産業デザイン専攻の学生に、自律的でモジュラーとしての自動車デザインの将来について考えさせ、インフラとサービスがそれをどのようにサポートするかを考えるチャレンジだった。













コンペはルノーの上級設計チームの2人、アンソニー・ロー、外装設計担当副社長、フランソワ・ルボイン、チーフ・エクステリア・デザイナー、ニック・ローデス、セントラル・セントラル・マルティン・プログラムディレクター、製品セラミック&インダストリアルデザイナーによって審査されました。

3つの異なった用途のための3つの異なったサイズの車、フロートと呼ばれる、maglev技術(超伝導誘導反発式磁気浮上式)を使って周りを移動する車両のビジョンについて語っている。yuchen caiは、2017年のデザイン夕食会のオープニング・アワーの間にanthony loによって優勝した学生として発表されました。

カイは、人との新しいつながりを提供する車のビジョンである「フロート」を作り出し、自律性が普及するにつれてドライバーが外界にもっとオープンで社会的になることを提案している。













「フロート」という名前は、その形態と機能のために、将来のビークルのビジョンは、輸送中のバブルのように見えます。車輪上を移動するのではなく、磁気浮上(maglev)技術を使用します。外観に透明なガラスとシルバーシートで作られ、未来的なデザインの美しさがある。

デザインのコンセプトは、車が社会空間の一部になることに基づいている。カイのデザインでは、未来の車は、ガラスの大きなスワスの適用のおかげで、世界とつながる、テッセレーションを通して人々とつながる新しい方法を提供する。また移動する時に「無指向性」になるので何かの方向に回す必要はありません。
















そのようなカイの自律的な車両のコンセプトの設計は、それは1つまたは2つの人のためのポッドを作ることができます。これらのデザインのジオメトリーを通して、多数のポッドを外部の周りを走る磁気ベルトを介して取り付けることができる。

2人以上が一緒に旅行することができる。入退出は、​​地下のロンドンにあるものと同様に、スライディングドアと結合された旋回バケットシートのおかげで簡単だ。













座席をコントロールすることで、乗客は座席を回転させ、サウンドシステムを開き、乗客と話し合っている乗客と話し、ガラスの不透明度を変更することができる。caiの勝利のアイデアには、ユーザーがボタンを押すだけでフロートを借りることができるスマートフォンアプリも含まれていた。

現代では、人がどのようにウーバーやタクシーを呼び寄せているのかと同様に、ポッドは1回の旅または数多くの日を借りることができる。彼らはコンペの勝者として、パリで夏の間、ルノーのデザインスタジオで2週間過ごし、上級デザイナーと協力してアイディアを磨いた。
https://www.designboom.com/


2017年10月8日日曜日

レディー・ガガ専属の靴職人、『舘鼻則孝』たった3名のコレクターで成立するデザイナーは珍しいし、多くのヒントが含まれている。


レディー・ガガ専属の靴職人、『舘鼻則孝』氏と食事をした。レディー・ガガの愛用シューズ、ヒールのない靴のデザイナーとして世界的にも知られ、靴は全てハンドメイド。「僕はアーティストではなく、ブランドディレクターやファッションデザイナー、職人としてやっているという感覚です。日本にいると作品がアートのようですねと言われることが多いのですが、実際、僕はアートとして作っているつもりはありません。」と語る。
































そして、ほしいものがあれば何でも自分で作ればいい。クリエイター気質の母に子供のころから言われていた言葉です。レディー・ガガが履く、かかとのない独特のデザインが施された靴。2010年に制作依頼を受けてから、専属アーティストとしてこれまでに20足以上を提供している。

舘鼻則孝(たてはな・のりたか)1985年、東京の中心にある歌舞伎町という歓楽街で歌舞伎湯という銭湯を生業とする家系に生まれる。父は自らの会社の代表取締役で母はシュタイナー教育に基づくウォルドルフドールの制作を教える講師である。














幼少期は鎌倉で育ち、15歳の時より洋服や靴の制作を独学で始める。東京藝術大学では絵画や彫刻を学び後年は染織を専攻し、花魁に関する研究とともに日本の古典的な染色技法である友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。意外にも地方の職人と工芸を大いに活用している。

ヒールのない靴の着想はどこから?このユニークな靴について、京都・祇園の舞妓(まいこ)さんなどが愛用する底の厚い「ぽっくり下駄」から着想を得たと制作秘話を披露。ガガから発注依頼をいただいた経緯。自分の作品のメールを100通送って、3通返信が来た。その中の一通がレディ・ガガのスタイリストだったそうだ。「ヒールのない靴」は“ガガ効果”で世界のセレブ(有名人)を魅了。

















現在、1組1万5000ドル(約118万円)以上で販売されている。注文は絶えず、3年待ちの状態という噂もある。館鼻さんから聞いた最も面白かった話は、世界の熱烈なコレクターはたった3名しかいない。そして、日本にはそのようなコレクターはいない。コレクターはパトロンでもありスポンサーでもある。たった3名のコレクターで成立するクリエイターはアートの世界ではいそうだが、デザイナーの世界では珍しい。
https://www.google.co.jp/


2017年10月7日土曜日

むだ毛処理をする男性、むだ毛処理をしない女性、女性も男性のようにノーシェイブでも良いではないか!と言う、マイノリティへの寛容さを主張している。















体操の白井健三の脇毛が、いつの間にか処理されていた。しかし、このスウェーデンのモデルは、アディダスキャンペーンでうっすらとむだ毛処理をしていないの脚のせいで批判を受け、コメントはひどい批判が続く。
































つまりむだ毛処理をする男性、むだ毛処理をしない女性。しかしこの女性の足に不平を言っているほとんどの人は、実際に社会によって受け入れられるように剃る必要がない男性だ。

アディダスは、最近、モデル、アーティスト、活動家、そしてアスリートである「明日のアイコン」のアピールした秋冬キャンペーン「スーパースター」を開始した。スーパースタースニーカーは「美しさを再定義する」ようにデザインされている。PVがインターネットに掲載されるとすぐにそのような論争を引き起こしたのは不思議ではない。






















これの主な理由は、ステレオタイプな美に反対し、女性も男性のようにノーシェイブでも良いではないか!という主張を行ったのはダイバシティ運動の活動家であることが知られているスウェーデンのアーティスト、モデル、フォトグラファーArvidaByströmだ。彼女はカジュアルに白いドレス、ピンクのシャツ、パステルのスーパースターの靴を身につけている。



























「ガーリー」なイメージを作り出している間に、彼女の裸の脚は炎上した。何人かの人々が彼女を侮辱し、Youtubeのビデオの下に厄介なコメントを残し、さらに彼女に直接レイプの脅威を送る。






















「誰もが同じ人生経験を持っているわけではないことを考えてくださいと、多様性の重要さ、マイノリティへの寛容さを勇気を持って主張している」と、ByströmはInstagramに書いている。
https://www.boredpanda.com/



2017年10月1日日曜日

Teslaの店舗の周辺にはLOUIS VUITTONやグッチなどのラグジュアリーブランドの店舗があり。従来の車の販売店のロケーションとは全く違う様相だ。


最近海外出張の折にショッピングモールを見に行くと、必ずと言って良いほどブティックと言った方がふさわしいTesla Store & Gallerriesという店舗がある。しかも周辺にはLOUIS VUITTONやグッチなどのラグジュアリーブランドの店舗があり。従来の車の販売店のロケーションとは全く違う様相だ。















Appleも同じ戦略だ。つまり品種を超えてラグジュアリーというブランド特性で違和感なくグループとして存在している。ガソリンのにおいを発生する内燃機関の自動車は存在を許されないだろう。ラグジュアリーの世界も大きく変化し富裕層のライフスタイルや価値観も変化してきた。















そういうショッパーにはそのエリアだけで自らの求める物は、アパレルやジュエリー、バッグ、シューズのみではなくEV社やモバイルまでそろう。この品揃えはダイソンのクリーナーなども含めますます増えるだろう。テスラは自動車の店舗に人が足を運ばないのなら、テスラの方から人々の集まるところに行くという強い意志だろう。



























テスラは、シリコンバレーを拠点に、バッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品を開発・製造・販売している自動車会社。本社はカリフォルニア州パロアルトであり、社名は電気技師であり物理学者であるニコラ・テスラにちなむ。テスラ株は年初来で59%上昇し、時価総額はフォード・モーターを上回っている。

Tesla Stores & Galleries
• US Tesla Stores & Galleries
• Tesla Stores in Mexico
• Tesla Stores in China
• Tesla Stores in Canada
• Tesla Stores in Austria
• Tesla Stores in Belgium
• Tesla Stores in Denmark
• Tesla Stores in Finland
• Tesla Stores in France
• Tesla Stores in Germany
• Tesla Stores in Ireland
• Tesla Stores in Italy
• Tesla Stores in Luxembourg
• Tesla Stores in The Netherlands
• Tesla Stores in Norway
• Tesla Stores in Portugal
• Tesla Stores in Scotland
• Tesla Stores in Spain
• Tesla Stores in Sweden
• Tesla Stores in Switzerland
• Tesla Stores in United Kingdom
• Tesla Stores in Australia
• Tesla Stores in China
• Tesla Stores in Hong Kong
• Tesla Stores in Japan
• Tesla Stores in South Korea
• Tesla Stores in Taiwan
• Tesla Stores in Jordan
• Tesla Stores in United Arab Emirates