2017年7月9日日曜日

ラグジュアリーなサバイバル・コンドミニアム、超高額所得者は守らなければいけないものが多すぎるのだろうか?


このプロジェクトの目的は、安全性、機能性、スタイル、快適さ、贅沢までのあらゆるユーザが求める要素を実現することだ。超高額所得者は守らなければいけないものが多すぎるのだろう。ラグジュアリーの市場は大きく変化してきたようだ、概念が単に豪華であれば良いという時代は終わった。
ラグジュアリーなサバイバル・コンドミニアムは、住民にプライバシーと快適さを提供しながら壊滅的な出来事から保護するために建てられている。ロジックインテグレーションは、カンザスでもともとはミサイルサイロを大規模なリノベーションした。















サバイバル・コンド・プロジェクトのプロジェクト・マネージャーのラリー・ホール氏は、完全に閉鎖されたドアで守られたサバイバル・コンドはより安全を意識できると語る。















彼は2番目のサイロ・リノベーションとして、ウィチタの約2時間北にあるアトラスミサイルサイロに取り組んでいる。フルフロアユニットは1,820平方フィートで、3百万ドルの費用がかかる。ホール氏によると、サバイバル・コンドミニアムのオーナーは様々な政治的信念を持った国際的なビジネス、建築、法律、医学などの職業の人々だという。

















http://survivalcondo.com/details/
http://siamagazin.com/ultimate-tour-of-a-doomsday-bunker-inside-the-luxury-survival-condos/


0 件のコメント:

コメントを投稿