2016年12月7日水曜日

石川竜一の撮るアウトサイダー達の姿は見る側にぐさりと突き刺さり覚悟を迫ってくる。


1984年沖縄県生まれ。『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010~2012 』で2015年度木村伊兵衛賞を獲得。なぜ石川竜一の撮る写真が見るものの心を揺さぶるのか?写真界の芥川賞とも言われる「木村伊兵衛写真賞」を撮る前も後も、彼の写真は変わらない。見る側にぐさりと突き刺さるアウトサイダー達の姿は見たいような見たくないような覚悟を迫ってくる。






















そもそも石川が写真を始めたきっかけはボクシングに打ち込んでいた高校を卒業した後うつ状態みたいになった時期があり、もがきながら写真の世界に入った。






















「権威や肩書きや、着ているものや好きな音楽。SNSで誇示されるような外部情報だけで友だちになったり、好感を持ったり毛嫌いしてみたり。これから何人の人と出会い関わるのか、限りある時間のなかで人のどこに惹かれ、どう付き合うか、それを判断するのはその人次第。」













「僕は基本的に人を撮るのが好きで、スナップもポートレートもそうですが、外に出て自分のイメージというか想像を超えたときに、なんじゃこりゃーって思って撮影したりしますね。」と語る石川竜一の言葉を聞いて、やはりそう思って撮っているんだ。と妙に納得する。しかし彼は今も写真で生活は出来ていないと言う。





















2016年12月4日日曜日

「ライバル不在の孤高のトップランナー」四方宏明が書いた書籍「共産テクノ」と一次情報の洪水

一次情報とは簡単にいうと、ある目的のために、新しく調べられた情報でネットで検索しても出てこない情報だ。そして二次情報とは、すでに収集されていて、どこか(ネット)に保管されている情報のことだ。

私のブログは備忘録的な目的もあって、ネットで拾った情報に独自の解釈を少し入れた文章なので残念ながら基本的に大半が二次情報になる。

今日ご紹介する書籍「共産テクノ」はほとんどが一次情報だ。先日この書籍の著者のトークショーに行った時、数十名の参加者のほとんどの人が初めて聞く「共産圏のテクノの話」を満喫した。
四方宏明とサテライトヤングの草野絵美























会場からは「やべー」という今風の賞賛の声が会場のあちこちで多く聞かれた。当然四方さんは相当尊敬されていた。

今の人たちはネットにある情報については、それなりの知識を持っているが、一次情報の洪水に浸った経験がないために、その興奮度が半端なかったようだ。

四方さんがロシア語も学びながら、独自に現地にも行きリサーチしたりインタビューした情報は立派な一次情報だ。独自すぎて同種類のライバルが世界にもいないので都築響一に「ライバル不在の孤高のトップランナー」と言わしめた。
https://allabout.co.jp/gm/gt/1694/

2002年にデビューした『ヴァイアグラ』というセクシー美女ユニット

ビオ(БИО)のメンバーでもあったオリガ・ヴァスカニヤーン(Ольга Восконьян)が放つ哀愁のテクノ歌謡「Автомобили(自動車)」


都築響一さんのROADSIDERS’ weeklyから(これが二次情報) 
辺境のグルーヴ、共産テクノ!『共産テクノ ソ連編』

どれだけケモノ道に分け入っていくつもりだろう。著者の四方宏明(しかた・ひろあき)は序文で「共産テクノ」というものを、「冷戦時代にソ連を中心とした共産主義陣営で作られていたテクノポップ~ニューウェイブ系の音楽」と定義しているが、これはもちろん四方さん自身による造語。

日本や欧米の占有物というイメージが圧倒的に強いテクノポップ~ニューウェイブが、共産主義陣営にも存在したという事実すら、これまでほとんど知られてこなかったし、海外を含めてそれらが書籍としてまとめられたこともかつてなかったそう。つまりこれもまた「類書なし」の孤独なトップランナーなのだった
http://www.roadsiders.com/backnumbers/article.php?a_id=808




























伝説のニューウェイヴバンド、キノ(Кино)のサウンドエンジニアでもあったアレクセイ・ヴィシュニャ(Алексей Вишня)が仕掛けたナタリヤ・サローキナ(Наталья Сорокина)が歌うコーフェ(Кофе)の名曲「Ставлю на зеро(ゼロに置く)」をカヴァー(Kraftwerkを拝借)

チルナフスキー=マテツキー・プロジェクト(Чернавский - Матецкий Проджект )による近未来感あふれる人力テクノポップ「Я робот(私はロボット)」

四方宏明
1959年京都市生まれ。神戸大学卒。2014年にP&G退社後、(株)conconcom及び(株)WATER DESIGNにてコンサルタントとして活動する。2001年よりAll Aboutにてテクノポップのガイドとなり、インタビュアー、音楽発掘家としても情報を発信し続けている。研究対象は、「共産テクノ」「中南米テクノ」「世界の渋谷系」等


2016年12月1日木曜日

携帯電話の「絵文字」がNY MOMAのパーマネントコレクションになった。



























いま日本の「絵文字」人気がすごいことになっている。ニューヨークの(MoMA)に美術作品としてコレクションされる。世界的にも「emoji」という言葉が通じる。












美術館は「デザインの力で、人々のコミュニケーションの方法を変えた」と評価しているとのこと。ケイティ・ペリーの新曲"Roar'"のユニークなミュージック・ビデオが話題になっている。

このミュージック・ビデオは、大半のシーンで映し出されるのは『絵文字』を交えた歌詞だけだ。まるで『絵文字』のプロモーション・ビデオみたいだ。













http://www.mag2.com/p/news/225923



2016年11月30日水曜日

「ケルティック・クリスマス2016」 出演:シャロン・シャノン 他 12/3(土)すみだトリフォニーホール 大ホール 17:15開演(16:30開場)

「ケルティック・クリスマス2016」
出演:シャロン・シャノン チェリッシュ・ザ・レディース ドリーマーズ・サーカス ジュリー・フィッツジェラルド
12/3(土)すみだトリフォニーホール 大ホール 17:15開演(16:30開場)

ケルティック クリスマス2016 ~シャロン・シャノン来日公演~































アイルランド・クレア州出身の国民的ケルトミュージシャンで、実力・人気ともにナンバーワンアコーディオン奏者のシャロン・シャノン。
聴くものみんなをハッピーにさせる、実力・人気ナンバーワンアコーディオン奏者!

アイルランド・ケルト音楽を代表する人気・実力ナンバー1の女性アコーディオン奏者。幼少時よりアコーディオンを弾きはじめ、10代半ばにはすでに腕利きのプレイヤーとして活躍。抜群のドライヴ感と爽やかな音色でアイリッシュ・ミュージック・シーンに旋風を巻き起こした。




























ケルト以外にもカントリー、クラシックなど他ジャンルとのコラボレーションも活発に行う。2008年に23年間に渡る音楽界への貢献が認められ、栄誉ある"Lifetime Achievement Award"を史上最年少で受賞。最前線で活躍、高い人気を誇る。










ケルト音楽とは西ヨーロッパのケルト人達の民族音楽から発展し、継承されていった幅広い音楽のジャンルを総称する際に作られた言葉。

ケルト音楽は、地域的にはブリテン諸島(アイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォルなどを含む)から、フランスのブルターニュ、スペインのガリシア地方、アストゥリアス地方、北東ポルトガル、そしてカナダ(特にケープ・ブレトン島)やアメリカなどに住む、民族的にケルト人と区分される区域からの移住者が行う音楽まで広がりを見せる。
http://plankton.co.jp/xmas16/



2016年11月26日土曜日

人の話は聞くな。アドバイスは無視しろ「ブリュードッグ」の経営の根幹は、"パンクの哲学"なので通常の経営手法とは逆さまだ。
















書籍「ビジネス・フォー・パンクス」を友人に勧められて読んでみた。


・始めるのはビジネスじゃない。革命戦争だ
・人の話は聞くな。アドバイスは無視しろ
・事業計画なんか時間の無駄だ
・嫌われ者になれ
・永遠に青二才でいろ
・すべてがマーケティングだ
・顧客ではなく、ファンをつくれ

実に気持ちの良い言葉が並び、従来のマネージメント本の意見の全否定(パンク)だ。















世界中で急成長するクラフトビールの会社BrewDogは、マス広告を一切使わずに、SNSだけで熱狂的なファンを獲得してきた。英国のクラフトビール・ブームを牽引し、この4年間に英国で最も成長した食品・飲料メーカーでもあるBrewDog。最近は日本のスーパーやコンビニやAmazonでもBrewDogのビールが買えるようになってきた。











BrewDogの急成長は、その過激なマーケティングとセットになって語られることが多い。古い業界団体や巨大ビールメーカーに喧嘩を売ってきたことで、「炎上マーケティングではないか?」と言う人々も多い。伝統的な広告媒体には背を向け、SNSを通じてファンに直接語りかけることを好むBrewDogだが、ファンは必ずしも「過激だから」という理由でこのクラフトビールを愛飲しているわけではないようだ。















BrewDogはなぜ、SNSだけでうまくいっているのだろうか。SNSで50万回以上シェアされたBrewDogの「ビアマット」がある。BrewDogは自分たちの理念や世界観を伝えるために使った。ビール好きが思わずニヤリとするような「パンクでお行儀の悪い」メッセージを入れた。















BrewDogの創業者であり、『ビジネス・フォー・パンクス』という著書を出したジェームズ・ワットは、「すべてがマーケティングになる」と説く。顧客はどんな小さなことも見逃さないから、細部にこだわれば大きな違いが生まれる。しかも、感情に訴えることが肝心だ。ファクトだとかロジックというものにどんなに説得力があっても、人が腹を決めるときには感情に従うからだと語る。















進化した消費者は、既存のブランドを押し付けられるよりも、自分でブランドを見つけ出すことのほうが好きだ。そうして見つけたブランドに愛着を感じ、大切にし、友人にしつこく薦めて自分が“広告塔”になる。















「すべてがマーケティングになる」というのは、文字通り企業のすべての活動(マーケティング)がPR(ブランディング)の機会になるという意味だ。











BrewDogは毎年、ユニークな場所で経営会議を開く。2015年には北極圏のフィヨルドで会議を開き、シャチと素潜りまでした。この会議の様子は新聞3紙で取り上げられたという。Redbullのマーケティングをいっそう過激にしたのがBrewDog(ブリュードッグ)だ。















http://business.nikkeibp.co.jp/




2016年11月23日水曜日

BBC Oneの新しいPlanet Earth IIシリーズのこのタイムラプス映像は、夜に咲くようなさまざまな種類の不思議な菌類をキャプチャーした。

BBC Oneの新しいPlanet Earth IIシリーズのこのタイムラプス映像は、夜に咲くさまざまな種類の不思議な菌類をキャプチャーした。
このクリップは最新のJunglesエピソードのもので、Steve Axfordによって初めて撮影された映像が含まれている。 残念ながら、Planet Earth IIを英国外で法的に見ることは、来年初めまではほとんど不可能なのだ。
mush-1

mush-2

mush-3

mush-4
http://www.thisiscolossal.com/2016/11/incredible-fungi-timelapse-from-planet-earth-ii/

2016年11月21日月曜日

360度のイラストレーションという古典的な感覚を持つ不思議なVR体験。

マウスで画面を触ってください。Googleストリートビューの写真撮影で注目しているKevin Hohler氏が作成した最新のWhere's Waldo(『ウォーリーをさがせ!』(Where's Wally?, 北米版タイトルは Where's Waldo?))の挑戦は、360度のイラストレーション。

不思議そうに人々が詰まった町を巡って、私たちが慣れてきたフラットなイメージよりも現実的に感じるWaldoテクノロジーの最新の技術革新。 今年の初めからこのライブアクション版よりも古典的な感覚を持つ不思議なVR体験。
https://www.fastcocreate.com/